読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新入社員が知っておくべき教育係の視点 〜ざっくりタスクと細切れタスク〜

後輩の教育をやっていると入社1年目のざっくりタスクを思い出す。

当時、1年目のおいらに上司からの仕事は、
開発しているソフトウェアのサイレントインストールをするから、検証しといてね!
引数はこんな感じだから参考にしといて!って、Lyncでポイッと依頼された。

'--

   msiexec /i Product.msi /qn

'--

そもそも、サイレントインストールとはなんぞや?
というところからスタートしたのだが、何とか概要を調べてサイレントインストールをして検証をすることができた。これって、あの人はオイラの力量を試していたのだなと改めて思う。

割と単価の低い人は、細かいところまで指示しないと動けなくて、
その分マネジメントコストがかかる、そういう人物かどうか試されてたのかなと。

 

新入社員の人は、そのタスクがどういうタスクなのかを把握するといい!
教育係は割りと気をつかって、力量に合わせたタスクを依頼すると思う。
プロジェクトが炎上してると力量を度外視した、重たいタスクが毎日降ってくるから、そうなると鬱になるか、超絶パワーアップするのかなと。

パワプロで例えると、故障率=70%で練習するみたいな感覚!
グキッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ってならないように気をつけようなのでござる!